タロット・セラピー

「自分を知り、行動するためのタロット」という硬い言い方をしています。やっていることは、「当たる、当たらない」「これはどうなる?」をカードに聞く占いとは、ちょっと違うことです。

タロット・カードを使う以上、「占い」という方が分かりやすいだろうと考え、また、これを「セラピー」と呼ぶと「治療」とか「療法」というのを期待されますから、それでは言い過ぎだろうと考えてきました。しかし、やっていることを説明するとしたら、やはり、「タロット・セラピー」というのがぴったりのようです。

a0351125_08135727.jpg

占いを企業ベースで提供しているところでは、限られた時間の中で、相談者の自己否定感をやわらげ、不安を軽くし、元気を取り戻してもらうことに力をいれるものです。あなたの今望むものがそれならば、そういうサービスが得られるところに行き、力をもらうことにすればいいでしょう。

しかし、その場は元気になっても、また似たような悩みをくり返し抱えるようであるならば、もう一歩踏み込んでみるという手があるわけで、そのための手法のひとつとして、マルセイユ・タロット・カードを使いながら相談に乗っています。つまり、タロット・カードを道具として使いながら、相談者の内面にある感情やら思考というものを知り、そこから相談者の納得する問題の解決法を探るというアプローチになります。これは、ユングが人間の無意識や潜在意識というものを探求し、心理学の領域に持ち込んだ考え方がベースになっているように思われます。

その過程においては、相談者自身が目をそらしている問題、考えたくもない事柄と向きあわねばならないことが多くあります。怒りや悲しみの感情も噴出します。

a0351125_08143313.jpg

そうです、「影」の部分に目を向けることになります。けれども、「影」というと何かおそろしいものをイメージしてしまいそうですが、そうではなく、むしろ、それを知ることによって、その人の全体性が完成するようなものです。


タロット・セラピーだけが、その方法であるわけではありませんが、自分の影の部分を受け入れていくようになることは、自分の深いところとつながることを意味し、やがて、占いに頼らなくても良くなっていくことでしょう。


自分のことを他人に聞く必要がなくなるからです。


このように、占いの形をとりながら、やっていることの目的は、相談者が自分の人生を自分で決めていく、、、 それを促すことだと考えております。


a0351125_08161797.jpg


分からないことを知りたい、見えないことを見たい、不確定な未来がどうなるかを知りたい、、、 そういう目的でいらしてくださった方のご期待に沿えなかったことがあったのは、自分のやっていることに対する説明不足もあったと反省しております。


今後は、この「セラピー」的な役割に力を入れていければと思っております。長い説明文をお読みいただき、どうもありがとうございました。




[PR]
by westofthemoon | 2017-04-27 08:17 | タロット・セラピー

「自分を知り行動する」そのための道具としてタロットを使っています。ここにある写真、文章を断りなくコピー、複製、引用、シェアしないでください。


by westofthemoon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30